<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

広島ピースアンドクリエイト2045は何を残したか

先日、「広島ピースアンドクリエイト2045は何を残したか」というテーマの鼎談に参加した。

大した準備もせず壇上に上がってしまったのだが、それでもマイクを持って喋っているうち、いくつか自分の意見としてはっきりしてきたので、時すでに遅きに過ぎるが、整理してみた。

 

都市を良くするためだとすればピークリの進め方はあまり好きではない。「点」に向けて刺激を与え、その波紋として効果が都市に拡がるというが、やはり点にとどまりがちである。10年間に10件近い作品ができているということだが、カンフル剤を打ち続けなければ都市が活性化しないという進め方も納得がいかない。建築家のほとんどは県外の建築家で、持続性が少なく、空間的にも時間的にも「点」にとどまってしまって、都市に向けて必ずしも有効でない気がする。

 

一方、10年間では直接発注されている公共建築は小さいものも数えると何十も何百もあるのではないかと想像する。 こちらの建築レベルを向上させることのほうが都市を良くするためには大切なことだと思う。そういう土壌があってからのピークリであれば、それはそれで納得がいくのだけれど。

 

設計の発注システムそのものに建築や設計のレベルを押し上げる機能をもたせることはできないものかと考える。

下はその一つの提案である。

  • •設計対象施設、設計料などの公表
  • •コンペ参加は自由参加
  • •審査は前回当選者、前々回当選者などが中心
  • •審査風景は最終まで公開
  • •審査には著名建築家も含める

 

このような発注システムをとることで、地方の業界全体のレベルが向上し、都市が魅力的になっていくことがイメージできるのではないだろうか。

コンペは審査が審査されるという一面がある。応募者、審査員、それに注目する人やマスコミ、全員が参加して社会を反映した建築、都市を拡大再生産的に生み出していくシステムがまずあって、それからのピークリではないだろうか。

都市を向上させていくには、トリクルダウンではなく、ボトムアップの手法のほうが有効だと思う。

 

ピークリで生まれた中工場は公共建築の在り方のある意味お手本だと思う。せっかくの財産である公共建築のあるべき姿を語り合っていくうえでのベースになればと思う。

 

 

 

宮森

明るい家庭の住処

 

8月のことです。

 

お盆にむけて、共同住宅ひと部屋を

 

実質、2週間で改装していただきました。

 

最小限の手入れとコストで明るいLDKができました。

 

明るい家庭の住処になりました。

 

 


 

古江東のほうでお部屋をお探しの方はぜひお願いします。Y.O

 

 

見上げる建築
お久しぶりです。前回の記事が半年前でした。
もう2016年が半分終わってしまったとは、とても信じられません。

その半年の間で、写真の展覧会に参加する機会に恵まれました。
展覧会のために過去のアルバムを見返してみると、
見上げている写真が多いことに気づきました。

ということで、「見上げる建築」シリーズが始まります。



グラン・パレ



マガザン・デュ・プランタン



ソニーセンター





 
豊国神社(千畳閣)
宮島の豊国神社(千畳閣)です。

30年前に見学した時に、涼しくて気持ちの良い印象を覚えたことは、記憶にありましたが、
あらためて行くと、心地良さを感じさせるものや、他には見られない空間構成に、感動しました。



御神座と宮島の風景の関係性や、暗い天井の下に切り取られた風景や、日射が床の反射が奥まで伸びてくる不思議さは、今だから感じられる新鮮さでした。


明田
黄金比
昨年10月、建築数人会で展覧会をしました。
その時出品した作品を紹介させていただきます。
 
建築数人会は建築をやっている数人が、自己啓発のために集まり活動している会です。
 
今回は平面表現で何がしか建築に関わった作品をつくるということで展覧会を催しました。
数点の平面表現を試みました。その最初のものです。

 


「何か」描こうと、昔の建築の竣工写真の貼ってあったパネルの写真をはがしてベニヤのパネルにしました。
ここに「美」を描こうと絵の具と筆を持ってしばらくパネルに向かいました。
パネルには写真を貼っていたのりのあとが点在していました。

建築は敷地を観察して、それを有効に生かすことから始めます。

同様にパネルののりの跡をきっかけにした美を描こうということで、
「黄金比」のプロポーションをのりの跡をよけながら描きました。

ベニヤの木目が美しく残されたと思っています。



宮森

 
渾身の一枚
この度、おそらく事務所創設以来、お世話になったBMと
お別れにすることになりました。

さらに、

ながらく一緒に走り続けた寛田くんも転職することになりました。

記念写真。渾身の一枚。
まさかの見切れ写真になってました。



いい刺激をありがとう。
また、遊びに来てください。ほんとに、まってます Y.O
 
神原みお展
お知らせです。

現在、1階のギャラリーにて「A-Model 神原みお展」を開催しています。
とても素敵な写真がたくさん展示されています。

3月27日(日曜日)までですので、皆さまお気軽にお立ち寄りください。

期間:3/20〜3/27
時間:11:00〜18:00 ※最終日は16:00まで


 
スタッフ募集
スタッフを募集しています。

メールか電話でご連絡ください。
姫路城 国宝天守シリーズ
明日からの大寒波に向けて、皆さま準備は大丈夫でしょうか?
暖冬からいきなり寒くなるので体調を崩さないようご自愛ください。


さて、国宝天守シリーズ3つめ、姫路城へ行って参りました。





犬山城、彦根城と比べて圧倒的に大きいです。
天守閣もそうですが、お城の敷地も広かったです。

天守閣内部も広く、天井高さもありました。
前回の2城と違い、天守閣内部に「厠」があったのが印象的でした。

時期が中途半端だったので、花もなければ雪も紅葉も、
青々とした緑もなかったですが、
気持ちの良い庭園もありました。



近くの兵庫県立歴史博物館です。


丹下健三設計。
写真を見返すまで気が付きませんでしたが、
左側のガラスファサードに白鷺城が映っています。


残す国宝天守はあと2つの泉でした。


 
新年の挨拶
新年明けましておめでとうございます。

本年も、よろしくお願いいたします。

元旦はとても暖かく、すごしやすい休日でしたが、
1/5の仕事始めから、風邪をこじらせてしまいました。

このごろ、急に冬らしくなりましたので、皆様、ご自愛くださいませ。






















弊社OBのキノコスタジオ 中村由佳さんに、デザインしてもらった年賀状です。
今年も、楽しくて、心あたたまる年賀状をつくってもらいました。


明田昌也